スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
サヨナラからはじまることがあるんだよ
なるほど!サヨナラからはじまることってそういう事だったのね。

竹中直人と原田知世が高校時代の同級生という、普通に考えれば有り得ない設定なのにそれほど違和感なく受け入れられてしまうのは、竹中直人が監督として力を付けてきた証拠なのだろう。それにしてもこの人は本当にロマンチストだよ。主人公の佐々木という男、一歩間違えれば不気味なストーカー野郎になるところを、純粋で素直な気持ちで演じ切ることで観るものに感動を与える存在に変えてしまったんだもの。

そして原田知世。彼女の名前を聞くと僕ら世代の映画ファンは何とも言えない思いが込み上げてくる。薬師丸ひろ子がいつまでも「カ・イ・カ・ン…」のイメージであるのと同様に原田知世は永遠にラベンダーの香りに包まれているのである。などというのはファンの勝手な言い分で彼女たちはとっくに新しい次元へと進化しているのだが…。正にその通り!あの妖怪のような竹中直人と知世ちゃんが対等にやり合っているなんて、本当にいい役者になったもんだと感慨深いぞ。

他の出演者もいい。
段田安則演じるスタイリストは軽薄で胡散臭い強烈なキャラクター。この人こんなことも出来るのね。
竹中に援交を申し出るちょっと目の据わった女子高生が出てくるのだが、この娘も雰囲気があっていい。誰かと思ったら『スウィングガールズ』でベースを弾いてた娘だった。今後に注目。
そしてなんと、先日亡くなった脚本家の久世光彦さんも元担任の教師役で元気な姿を見せているのだった。

この映画は竹中監督が大好きだというある曲をベースに作ったという。それはSUPER BUTTER DOGの同名の曲だ。このバンドは活動休止中で、ヴォーカルの永積タカシはハナレグミという個人ユニットで活動中。劇中ではそのハナレグミと忌野清志郎によって新たにレコーディングされたヴァージョンが使われ、感動を増幅させている。
この映画には上記の二人以外にも多くのミュージシャンが参加・出演しているのだ。中島みゆき、オリジナル・ラヴの田島貴男、元フライングキッズの浜崎貴司、スチャダラパー、etc...

自分が好きな曲を元に映像作品を作り上げるというのは音楽ファンの夢ではないだろうか。僕も曲を聴きながら頭の中でストーリーを組み立てたり映像を思い浮かべたりしている。それを実現できた竹中監督は本当に幸せな人だと思うよ。

サヨナラCOLOR 2004年日本
監督・脚本:竹中直人『東京日和』『無能の人』
音楽:ハナレグミ、クラムボン、ナタリー・ワイズ
出演:竹中直人(佐々木)、原田知世(未知子)、段田安則、雅子、中島唱子

サヨナラCOLOR@映画生活

  
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2006/03/12 11:18】 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<FMながおか「ムーヴィーズ ゴー!ゴー!」3/16の放送内容 | ホーム | 日本アカデミー賞なんかもういらない>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://lds5.blog36.fc2.com/tb.php/89-8268a9b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。