スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
映画「キング・コング」
3時間8分は長過ぎだ。
ピーター・ジャクソン監督は少年時代にオリジナル版の「キング・コング」を観て映画監督を志したというエピソードからも分かるように彼は特撮(SFX)が好きなのだ。だから色々なシーンをああでもない、こうでもないと言いながら楽しく作って、結局それらを切ることが出来ずに詰め込んじゃうために長くなるのではないだろうか。これでもかという見せ場のシーンの連続にウンザリし、疲れてしまった。「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズで祭り上げられその気になった彼は自らのエゴを押し通してしまったのね。

確かにSFXの技術は凄いと思うけど、反面演出が雑なところが気になる。あれじゃ命がいくつあっても足りないよ。原住民の描き方も酷すぎ。手漕ぎボートのシーンの合成があれ?ってな位にちゃちいのにも驚いた。ジャック・ブラックの好演が光っているだけに、作品の出来の悪さが残念。

大幅なダイエットに成功した監督を持ってしても、自作のダイエットは出来なかったというオチですかね。

キング・コング 2005年ニュージーランド/アメリカ
監督:ピーター・ジャクソン
出演:ナオミ・ワッツ/ジャック・ブラック/エイドリアン・ブロディ

キング・コング@映画生活

  
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2006/01/19 03:18】 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<MySkip 映論倶楽部「チャーリーとチョコレート工場」 | ホーム | FMながおか「ムーヴィーズ ゴー!ゴー!」1/19の放送内容>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://lds5.blog36.fc2.com/tb.php/61-94a5c45d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。