スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
映画「エリザベスタウン」※ちょいネタバレ
キャメロン・クロウ監督というと「ザ・エージェント」「あの頃ペニー・レインと」「バニラ・スカイ」と個人的にも好きな作品を撮っている人だけに結構期待していたのだけど…。「あの頃~」に漂っていた清々しさに近いものは感じるのだが、今一歩届いていない。やはりあれは思春期特有の清潔感だったのかしら? ケイト・ハドソンも透き通るようだったしね。

大体10億ドルという会社の損失を1デザイナーに押しつけるなんて無理な話だし、自殺に追い込まれた男の悲壮感も伝わってこない。あまりにファンタジー過ぎてノレないのだ。

しかし、今回も楽曲のセレクトは素晴らしい。さすがに10代でローリング・ストーン紙に音楽評を書いていたという人だけあって、この人の選曲は一味違う。タランティーノがマニアの選曲だとしたら、この人は玄人の選曲と言ったところか。王道からちょっと外れたところを狙ってくる、まさに痒いところに手が届く感じ。

面白かったのは、都会で暮らしている主人公ドリューが葬儀のために父の故郷を訪れて、親切だが色々と干渉してくる誰だか分からない田舎の人たちに囲まれて困惑する様子。日本もアメリカも同じなのだなと感心してしまった。葬儀の様子は全然違うのだが。

クライマックスのシーケンスは、ロードムービー好きの私のツボを直撃! なんとも惜しい映画だ。

エリザベスタウン 2005年アメリカ
監督:キャメロン・クロウ
出演:オーランド・ブルーム/キルスティン・ダンスト/スーザン・サランドン

公式サイト

エリザベスタウン@映画生活

  

スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2005/12/01 23:02】 | 映画 | トラックバック(2) | コメント(0) | page top↑
<<変わった雲 | ホーム | ムーヴィーズ ゴー!ゴー! 第344回>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://lds5.blog36.fc2.com/tb.php/31-2e56f62b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
エリザベスタウン
靴のデザイナーとして成功し、世界的な靴のメーカーで働くドリューですが、奇抜なデザインの靴を世に送り出して失敗し、会社に大きな損害を与えてしまいます。クビを宣告され、フィアンセにも去らて失意のどん底で自殺をしようとするドリューに、妹からの電話があり、父の死 日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~【2005/12/02 12:55】
【DIARY】---「エリザベスタウン」
本日も仕事が程よく残業。時計を見たら丁度、レイトショーの時間!ってことで、今夜もレイトショーで「エリザベスタウン」を観てきました!レイトショーだというのに結構、お客さんが沢山おりました!オーランド・ブルームファンが多いのか女性のお客さん.... お洒落で美味しいぶろぐ【2005/12/03 11:04】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。