スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
「天地に応えたい。平成十六年新潟県中越地震」
11/8にも書いたが新潟・市民映画館シネ・ウインドで現在20周年祭が開催中だ。色々なプログラムが満載なのだが、その中に私の友人の映画の上映がある。

「天地に応えたい。平成十六年新潟県中越地震」
文字通り昨年の中越地震を題材にした映像作品だ。ドキュメンタリーではないが、地震発生後の被災地で被災者自身が演技、演出をしているという希有な作品なのだ。彼は元々映像作家なのだが、このところまともに創作活動をしてこなかった(私から見ると)。それが、あの震災を機に再び創作意欲を奮い立たせたのは本当に喜ばしいことだ。商業映画のような流暢な出来ではないが(ゴメンよ)、それこそあの震災を体験した者しか出せないものがあると思う。9月22日には長岡アジア映画祭で上映され、好評を博した。彼にはこの情熱を持続させて欲しい。

「天地に応えたい。平成十六年新潟県中越地震」


日時:11月23日(水)AM10:30
会場:JAM2号館(新潟古町5 旧松竹)
料金:前売券 800円
   シネ・ウインドラ・ボントーン、文信堂長岡等で発売中
スポンサーサイト

テーマ:新潟県 - ジャンル:地域情報

【2005/11/18 23:06】 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<デルフォニクスの手帳 | ホーム | 「マラソン」(2005年韓国)※ちょいネタバレ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://lds5.blog36.fc2.com/tb.php/18-4b3eb2b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。