スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
賞レースのマッチ・ポイント
マーティン・スコセッシが第59回監督組合賞を受賞しました。何と“7度目の正直”だそうです。アカデミー賞もこれでかなり期待が出来るのでは?ともっぱらの評判です。ちなみにアカデミー賞に関しても相当回ノミネートされているのだとか…。あれだけ名作を撮っている監督なのに何とも不思議ですね。
またしても今月末の賞レースが楽しみになってきました。
それから今週の『シネミシュラン』で取り上げるのは『マッチ・ポイント』
え?何をいまさらと思うかも知れませんが、インタビューや特集企画などで紹介出来なかった映画をDVDのNewリリースに合わせて紹介しようという新企画です。
とにかく素晴らしい映画でした。
今週末のレンタルDVDは、ぜひこれで!!
(DJ akko)

■■■■■ムーヴィーズゴー!ゴー! 2/8の放送内容 ■■■■■



■2月6日付 全米&国内週末興行ランキング
 全米1位「The Messengers」初
 国内1位「どろろ」2週目

■What's new!
 unknown 2/3~ シネ・ウインド
 こま撮りえいが こまねこ 2/3~ ワーナー・マイカル新潟
 暗いところで待ち合わせ 2/3~ ユナイテッド・シネマ新潟
 Dear Friends 2/3~~ Tジョイ万代新潟、J-MAXシアター
 世界最速のインディアン 2/3~ Tジョイ万代新潟、J-MAXシアター
 奇跡の朝 2/10~ シネ・ウインド

■M1  ベイビーズ・オン・ファイヤ
    『ベルベット・ゴールドマイン』サントラより

■シネ・ミシュラン
 マッチ・ポイント 2005年 イギリス/アメリカ/ルクセンブルグ作品
 監督:ウディ・アレン
 出演:ジョナサン・リース・マイヤーズ/スカーレット・ヨハンソン

 DJ Akko:★★★★★
 「久し振りの5点満点!ニューヨークもジャズも出てこないアレン映画。その代わりに今回登場するのはイギリスとオペラ。場所も音楽も変わってもやはりどこかに“アレンの匂い”が漂う。ラストまでオチが読めない、先が読めない。鏡リュウジさんが『最後の最後のドンデン返しが一番占いに関わってくる物語。単なるLackを越えた、まさに占星術的な物語』とReviewで語っていたが、これぞこの映画を言い表したすべて。見る人の心や思慮の深さに合わせて映画もよりディープになる作品」

 DJワダ:★★★★☆
 「タイトルのマッチ・ポイントはテニスの言葉。(主人公は元プロテニスプレイヤー)もう1点取れば勝ち、逆に言えばもう1点で負けてしまうという状態。オープニングにネットにボールがあたりどちらに落ちるかで勝敗が決まるというシーンがすでに映画のラストへの伏線となっている。今回はアレンらしからぬスリラー作品。それにしてもアレンは決して労働者階級の映画は撮らない。今回ロケーションを英国に移したが舞台はリッチなセレブリティたち。最後のオチには愕然。スッキリしない後味の悪さが残る、がすっきりしないからこそこの映画は素晴らしい作品になった」

■M2  オールド・ファッションド・ラブ
    『ギター弾きの恋』サントラより
スポンサーサイト
【2007/02/08 10:47】 | ムーヴィーズ ゴー!ゴー! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<蒼井優ちゃんオメデトウ☆ | ホーム | もう2月!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://lds5.blog36.fc2.com/tb.php/162-7378f0de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。