スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
アカデミー賞ノミネート
アカデミー賞のノミネートが発表されました。
今年は『バベル』に『硫黄島からの手紙』と日本人が多数レッドカーペットを歩きそうです。
気になる授賞式は現地時間2月25日!(日本では26日)
楽しみです。
(DJ akko)

■■■■■ムーヴィーズゴー!ゴー! 1/25の放送内容 ■■■■■
■1月25日付 全米&国内週末興行ランキング
 全米1位「Stomp the Yard」2週目
 国内1位「ディパーテッド」初

■What's new!
 マリー・アントワネット 1/20~ ワーナー・マイカル県央、新潟ほか
 ディパーテッド 1/20~ ワーナー・マイカル県央、新潟ほか
 待合室 1/20~ シネ・ウインド
 悪魔とダニエル・ジョンストン 1/27~ シネ・ウインド
 幸福な食卓 1/27~ ワーナー・マイカル新潟、Tジョイ万代新潟ほか

■M1  ザ・ハート・オブ・サタデー・ナイト/トム・ウェイツ

■シネ・ミシュラン
 硫黄島からの手紙 2006年 アメリカ作品
 監督:クリント・イーストウッド
 出演:渡辺謙/二宮和也

 DJ Akko:★★★☆☆
 「この映画を見ると戦争がいかに無益で無駄なことか『父親たちの星条旗』とはまた別の視点で伝わってくる。今の日本はかなりきな臭い。愛国心を法律で強制したり、共謀罪のことが取り沙汰されたり…。かつての過ちを再び国家が犯そうとしたときに“戦争反対!ふざけるな!”と叫ぶその声を法律がねじ伏せて消すことが出来るように下準備をしていると言ったら考えすぎだろうか。そういう意味でもこの映画を多くのひとに見てもらい、これからの選挙ひとつ、選択ひとつでは同じような世界を訪れる可能性を今の日本は孕んでいるのだということを認識してもらいたい」

 DJワダ:★★★★☆
 「この映画、日本人俳優が多数出演。二宮和也さんの演技が非常に素晴らしい。暗澹とした映像に火や血の赤だけは鮮明という映像もよかった。制作にスピルバーグの名前があるが『プライベート・ライアン』を彷彿させる場面もいくつかあった。」

■M2  アイコ・アイコ/ドクター・ジョン
スポンサーサイト
【2007/01/25 13:44】 | ムーヴィーズ ゴー!ゴー! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<もう2月! | ホーム | 初ミシュラン>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://lds5.blog36.fc2.com/tb.php/160-8425f38c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。