スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
「ステルス」(2005年アメリカ)
ステルス戦闘機同士の熾烈なドッグファイトが楽しみでちょっとワクワクしながら観たのだが、これは完全な期待外れだったよ、トホホ。戦闘機と言えば強烈なGや風圧に耐えながら空気の壁を切り裂いていくような、そんな物理的な障害を感じさせる絵作りが必要だと思うのだが、この映画にはそれが欠けていると感じた。どうにも軽い。それは作品全体にも言えることで、非常に雑でいい加減なハリウッド流ご都合主義がまかり通ってしまっている。監督のロブ・コーエンはハーバード出身の才人だそうで、「ワイルド・スピード」や「トリプルX」といった作品を撮っているだが、あまり演出の才能はないかも^^;

それにしてもジェイミー・フォックスは、あの鬼気迫る熱演でオスカーに輝いた「Ray/レイ」の後に選んだのがこの映画だったとは、本人も失敗したと思っているのでは?

公式サイト

    
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2005/11/10 02:46】 | 映画 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
<<吉兆庵のおつかいもの | ホーム | 証券会社のお年寄りたち>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://lds5.blog36.fc2.com/tb.php/10-3c744026
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ステルス 06年20本目
ステルスなんで?なんで? これ、おもしろいじゃん!え~??こんな形のステルス機って、もう実用化されているの??でも、エディーは、まだ無いんでしょ?それに、ロシア上空の無人給油ステーション。なんか、リアルなお話しなのか、SFなのか、、、そのあたりも良か.... 猫姫じゃ【2006/02/02 17:33】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。