スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
映画「降りてゆく生き方」長岡オーディション参加者募集!
(以下チラシの転載です)

あなたも一緒に映画をつくろうよ!
武田鉄矢主演映画『降りてゆく生き方』
仲間大募集!!

2008年5月より、新潟県内で撮影予定の「降りてゆく生き方」の撮影ロケ地に新潟市、十日町市、村上市が決定!近くの方も、そうでない方も関係なし。
新潟県の皆さんと作って、つながる映画!皆でうきうきわくわく。
そのままのあなたでOK!オーディション体験祭に気楽に参加して、映画撮影にも参加しませんか?新潟市は640人以上参加、十日町も300人以上参加し応援団が出来て、オーディションに子供、大人、家族一同など0才~90才まで幅広い世代の参加。
長岡・柏崎の皆さんもつながって、楽しんじゃOH!オーディションに、交流会に、誰でも大歓迎だから、参加してね!!

1.オーディション体験“祭”
むずかしい審査はナシ!!一言のせりふだけ。
あなたの個性をプロデューサーが引き出します。
オーディションを受ければ誰でも映画へ出演できるんだって~
【日時】4月12日(土) 10時~13時、14時~17時(9:30開場)   
【場所】長岡リリックホール 1F 第1スタジオ
●応募条件:なし(年齢、性別一切不問)初心者大歓迎
●応募方法:『郵送』『メール』『FAX』のいずれかで
●応募内容:プロフィールとして以下の内容を記載してお送りください。
 『住所、氏名、年齢、性別、電話番号、交流会参加(する・しない)、オーディション希望時間(午前・午後)』※申込み受付後、集合時間をご連絡します。オーディションは1時間ほどで終了します。
●応募締め切り:2008年4月10日(木)必着
●応募先:
 郵送での応募先:〒940-2114 長岡市北山1-48-9 長岡フィルムコミッション準備会事務局
 メールでの応募先:audition@presario.jp
 FAXでの応募先:0258-29-7606
 TELでの応募先:090-2383-0436(高木)
 いずれも「長岡・柏崎映画オーディション」係 まで

2.みんながつながる大交流会
制作の人も参加。いろいろ知り合いを創ろう!
【日時】4月12日(土)18:00~(17:30開場)
【場所】オーディション会場周辺予定
【会費】カンパ(1口:1000円)  中学生以下無料

■主催:長岡フィルムコミッション準備会 ■共催:長岡市
■問い合わせ:090-2383-0436(高木) 
映画「降りてゆく生き方」http://www.nippon-p.org/blog/


武田鉄矢主演映画『降りてゆく生き方』概要

■作品概要                                         
 競争社会を生き抜いてきた、定年間近のエリート官僚坂本(武田鉄矢)が、ある事件をきっかけに、社会や家族から見捨てられる。呆然と彷徨する坂本。絶望の底にいた彼だが、農村の人々、縄文的生き方を実践する男との出会いから、人間的に再生していく。一人の人間の「再生」を通し、家族・地域の「再生」を描く物語。

■作品名:『降りてゆく生き方』  
■原作:完全オリジナル作品
■製作:株式会社プレサリオ
■制作:TWENTY FIRST CITY株式会社
■出演:武田鉄矢、渡辺裕之、ほか
■監督:倉貫健二郎(『サラリーマン金太郎シリーズ』『夜王~YAOH~』演出・プロデュース、他)
■撮影:赤川修也(映画『限りなく透明に近いブルー』撮影、他)
スポンサーサイト
【2008/04/04 11:05】 | フィルムコミッション | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
「大石まどかの演歌なひととき」長岡ロケ
歌謡ポップスチャンネルの「大石まどかの演歌なひととき」という番組のロケが11月8、9日とありました。

内容は小国和紙、小千谷の錦鯉、闘牛、蓬平温泉、寺泊、岩室温泉等を訪ね歩くというものです。
その中で宿泊を兼ねて大々的に紹介されるのが蓬平温泉の和泉屋さんです。震災の絶望的な被害から社員一丸となって営業再開にこぎ着けた感動的なお話はみなさんよくご存じでしょう。月刊MySkipのトップインタビューにも女将の金内智子さんが登場し当時の話をされていました。

和泉屋

僕が和泉屋さんの撮影現場におじゃました時はちょうど風呂の紹介を撮っている最中で、なんだか思わずコソコソしてしまいました。それにしても和泉屋さんは本当にきれいな温泉宿ですねぇ。露天風呂の貸切なども出来るようで、次はちゃんと(堂々と)お客として来たいものです。

和泉屋

放送は12月~07年1月にかけての予定。
スカパーやケーブルテレビ(NCTも)で観られます。
【2006/11/11 17:04】 | フィルムコミッション | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
茅葺きの集落は日本の原風景だ
ある映画のロケ場所探しのために茅葺きの民家のある集落をいくつか回ってきました。

蓬平町かやぶき民家五郎兵衛

蓬平町で「かやぶき民家五郎兵衛(写真)」という素敵な名前の茅葺き家屋の再生活動をされている建築家の方から小国町八王子という集落を紹介されたのでまずはそこへ行ってみよう。

国道404号線を小国町七日町で西に折れ、県道252号田代小国線に入ろうとしたら途中で通行止めになっている由の案内板が。未だに地震の影響が残っているのか。案内に従い猿橋、芝ノ又を経由してようやく到着。八石山ステーキハウスへ行く道と同じです。クルマで流しながら見て回るとちらほらと茅葺き家屋が建っている。全部で4軒ほどだろうか。

小国町八王子地蔵堂

写真は八王子地蔵堂。案内看板にマリア地蔵というものがあると書いてあるのだが、地蔵堂の壁の穴に蜂の巣があるらしく大量の蜂が飛び交っていたため、探すのは諦め早々に退散した。
他の茅葺き家屋は下のような感じ。

小国町八王子茅葺き民家  小国町八王子茅葺き民家

次はどこへ行こうかと地図を見ていると高柳がすぐそこだという事に気付き、そのまま足を伸ばして荻ノ島のかやぶきの里に行ってみることにした。
芝ノ又に戻り県道25号柿崎小国線で田島峠を越える。道が狭く険しい上に夏草が道を覆わんばかりに生い茂っていてまるで緑のトンネルのよう。20代の頃なら喜んで走り回っただろうな、などと思いつつチンタラ走っていくとなにやら前方に警官がいっぱいいるぞ。停まれと言っている。不審者に思われやしないかとドギマギしながら話を聞くと、先日この先の郵便局で強盗事件があったとか。こんな田舎でもそんな事件が起こるんですねぇ。事情を説明し無事放免となりました。

途中じょんのび村に寄り道し、しばらく走るとかやぶきの里の案内標識を発見。坂道を登っていった先には環状に茅葺きの建物が建ち並んでいた。思わず息をのむ。クルマを降り、懐かしい香りがする空気を吸い込み辺りを歩いてみると、そこは眠るように静かでまるでここだけ時間の流れが止まったかのような場所だった。この風景を失ってはいけないという強い思いが込み上げてきた。

荻ノ島かやぶきの里  荻ノ島かやぶきの里

後に知人に聞いた所によると、荻ノ島のかやぶきの里を持ってしても集落の衰退を止めることが出来ず少しずつ家が減っていく運命にあるようだ。手遅れにならないうちに新しい法律を作ってでも行政が保護にあたるべきではないだろうか。
そんな思いを強く抱いた茅葺き民家ロケハンでした。

長岡フィルムコミッション準備会
【2006/07/07 23:59】 | フィルムコミッション | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
朝日新聞に載っちゃった
と言っても別に悪事を働いたわけでも、なにかすごい事をしたわけでもない。長岡フィルムコミッション準備会の取材を受けただけなのだが、これがなんと写真付き! うう、どうにも恥ずかしい…。

この写真は実は市民映画館をつくる会の事務所でフリーペーパー「すくらんぶる」の編集会議をしている時の様子で、FCとは関係がないのだった。なんてバラしていいのか!?
周りに3名の編集スタッフ(うら若き乙女たち)がいたのだが、写真には写っておらず、残念なり。

ちなみに載ったのは「新潟人」というコーナーで県内版なので県外の方は見られません。悪しからず。
【2006/05/15 19:11】 | フィルムコミッション | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
FC準備会のブログはじめました
ブログの開設によって長岡フィルムコミッション準備会の、初期段階で必要なものは最低限準備できました。

長岡フィルムコミッション準備会公式ブログ

デザインを公式サイトと連動させたいのですが、作業する時間がなくまたもや暫定オープンということでお茶を濁しておくのだ。
今後FC関連の記事はこちらに書くことになりますので、皆さんよろしくです。(と言ってもまだ記事がひとつしかないのですが^^;)
【2006/04/25 14:52】 | フィルムコミッション | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
日報の取材を受けました
本日の新潟日報朝刊の25面に「長岡フィルムコミッション準備会」の記事が出ています。
小さい記事ですが^^;

ちょうど同じ日に上越FCが支援している映画「ふみ子の海」の特集記事がド~ンど出ていたので、なんだか目立たなくなってしまいました。
【2006/04/03 21:58】 | フィルムコミッション | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「長岡フィルムコミッション準備会」リーフレット
長岡フィルムコミッション準備会がようやく動き出した。手始めとしてリーフレットを制作する。

こんな感じ。裏面は申込用紙兼用です。また自分がモデルになってしまいました。

長岡フィルムコミッション準備会リーフレット表  長岡フィルムコミッション準備会リーフレット裏

【2006/03/06 15:55】 | フィルムコミッション | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
長岡フィルムコミッション設立準備会 第2回会合
2/27(月)長岡商工会議所にて長岡フィルムコミッション設立準備会の第2回会合が開催されました。

前回の勉強会を経て、今回は準備会自体へ参加の意志表示をされた方が集まり、フィルムコミッション実現へ向けて準備会の運営方法について皆で意見を出し合い、活発な議論が展開され……となるはずだったのですが……なかなかそう上手くはいきませんね。

原因はいくつかあって、まずは準備不足。事前に詰めておけなかったのが悔やまれます。この点は素直に反省しなければなりません。

次に司会の力不足。ラジオで喋ったりしていますが元来口下手なんですよ、私。低調な会議の司会はホント冷や汗ものでした。

そして方法の読み違い。この準備会は一市民団体として、会議の場で参加者が同じ立場で意見を言い合いひとつのものを作り上げていくものだという思いがあったのですが、やはり人によってそれぞれ捉え方が違うのだという当たり前のことを忘れていたようで…。

まあそれでもおぼろげながら今後の進むべき方法が見えてきたので、なんとか良い方向に持って行きたいものです。
【2006/02/28 17:41】 | フィルムコミッション | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
仮称・長岡フィルムコミッション設立準備会
1月27日、市民映画館をつくる会の呼びかけにより長岡商工会議所で仮称・長岡フィルムコミッション設立準備会の会合が開かれた。仮称と付いているのはまだ正式な準備会として参加者から承認されていないからです。今回は初回ということもあり、新潟・柏崎からFCの業務に携わっている皆さんに来ていただいてお話を聞くというスタイルの勉強会と相成りました。

長岡フィルムコミッション設立準備会第1回会合

迎え撃つ長岡側の出席者は、長岡市の関係部署、市議、市民団体の関係者等々。総勢25名のそうそうたる面々を前に進行役の市民映画館をつくる会・和田(私ですが)はいささか緊張気味。
まず、つくる会のほうからFCについて、それこそここに書いてあるような一般的知識をスライドを使いレクチャー。ゲストの皆さんを前にまさに釈迦に説法状態です。

つづいてゲストの皆さんが県FC協にいがたロケネット新潟商工会議所柏崎IB、それぞれの立場から状況をお話されました。皆さん熱く真剣にFCの事をお話していただき、ちょっと感動。ありがとうございます。それを受けて長岡の現状、市の考え方を担当者から説明していただく。そして最後に質疑応答。静かだった会議当初とは打って変わって活発なやりとりが続き、一安心。あっという間の2時間でした。

さて、FC設立へ向けての活動はこれからが本番です。次回準備会は2月27日(月)を予定しております。我こそはと思う方はこぞってご参加ください。

テーマ:新潟県 - ジャンル:地域情報

【2006/02/05 16:34】 | フィルムコミッション | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
桑原市議「市政勉強会」
長岡市議で最年少の桑原さん(なんと20代!)の市政勉強会に参加してきた。テーマとしてフィルムコミッションを取り上げるということで、市民映画館をつくる会に協力要請があり、私がお手伝いすることになったのだ。何を隠そう、市民映画館をつくる会は長岡でのフィルムコミッション設立に向けて動き出しているのです。ここで、フィルムコミッションってなに?って方はこちら(全国フィルム・コミッション連絡協議会)をご覧下さい。

桑原さんはFCをライフワークのひとつとして、早くから着目していたという。彼はFCだけでなく、全てのことに対してアツいのだ。う~ん、若いって素晴らしい! これからの長岡を担う一人として期待していますよ。

ちなみに市政勉強会の会場は中央公民館だった。例の恐怖のエレベーターに乗ったことは言うまでもない。

桑原市議の活動報告blog「のぞむ通信」

テーマ:新潟県 - ジャンル:地域情報

【2005/11/22 11:05】 | フィルムコミッション | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。